MENU

顎ニキビが繰り返しできる原因と止め方

<顎ニキビの繰り返し・概要>
顔の部分でも意外とニキビが出来やすいのが、顎です。鼻や額の部分に比べると乾燥しているように見られがちですが、意外にも皮脂の分泌量が多く、繰り返しできるニキビに悩まされることが多くあります。
顎ニキビが繰り返しできる事例が目立ちますが、その原因とは、前述の皮脂の過剰な分泌がまずあげられます。

 

皮脂の分泌が過剰になってしまうのは、乾燥が関係しています。

 

洗顔をすると顎の部分がかさかさになりますが、その状態のままでは皮膚の抵抗力が弱まってしまいます。そこで体が皮膚を守ろうとして、バリア機能を持つ皮脂を懸命に分泌しようとします。これが皮脂の過剰分泌とつながり、毛穴をつまらせて顎ニキビを発生させてしまう原因になっています。

 

皮脂の過剰分泌の繰り返しの止め方とは、乾燥を防ぐことが基本になります。ニキビができているからといって、頻繁に洗顔をしていると、皮膚が乾燥しがちになります。多くても1日に3回までの洗顔にとどめるようにしましょう。

 

洗顔をした後は、皮膚表面が乾燥した状態です。そのまま放置するのではなく、保湿効果のあるローションや美容液をつけてケアをしてください。ニキビが出来やすい人は油分の多いスキンケア製品が合わない場合があるため、ローションだけのケアにとどめてもよいでしょう。

 

皮膚を常に潤すことによって、皮脂の過剰分泌を防ぎ、毛穴の詰まりを解消します。
毛穴を引き締める効果のある収斂ローションの使用もおすすめです。

 

他の原因として、ホルモンバランスの乱れが関係しています。

 

思春期のころから顎ニキビが発生しやすいのは、大人になる過程でホルモンバランスが大きく変化する時期だからです。男性ホルモンの分泌が多くなり、ニキビを発生しやすい体質に変化します。

 

大人になるとホルモンバランスは安定してきますが、ストレスや生理が原因となり、大人でもホルモンバランスが乱れてしまう人はたくさん存在します。
ホルモンバランスを安定させれば、繰り返しできる顎ニキビが解消されやすくなります。

 

そのために、日常生活を見直すようにしましょう。

 

夜更かしや疲労、喫煙や暴飲暴食は、ホルモンバランスが乱れる原因です。
夜更かしをせず、早めに寝るようにしましょう。栄養バランスのよい食事を取ると、肌の調子がよくなります。

 

ストレスにはリラックス効果のある手段を用います。
アロマオイルを入れたお風呂にゆっくり浸かると、リラックス効果が得られます。
運動でリフレッシュするのもおすすめです。

 

顎ニキビの繰り返しは根本治療が基本になります。